経済産業省が2019年に発表した『DXレポート・2025年の崖』により、その重要性が話題となっているデジタルトランスフォーメーション(DX)。2025年までにDXが推進できなければ、年間最大12兆円の損失が生じる可能性があると言われています。
本セミナーでは、DX促進・スタートに向け、紙の帳票を安全、且つ、保管・管理を効率化していくかをテーマに三井物産グループの東神倉庫株式会社と電子化サポート企業50万社以上の実績を持つ株式会社インフォマートが、『総務部門のDXはここからはじめる』をご案内いたします。
このような方におすすめのセミナーです。
  • 電子契約サービスを導入検討したい企業のご担当者様、責任者様
  • 契約書の管理にお困りのご担当者様、責任者様
  • すでに電子契約に取り組んでいるが、紙の扱いにお困りのご担当者様、責任者様
  • 紙文書のスキャン、保管サービスを導入検討したい企業のご担当者様、責任者様

プログラム

第一部
文書管理から始まるDX化
沼澤 毅
東神倉庫株式会社
トランクルーム事業部 トランクルーム室 チームリーダー
沼澤 毅 氏
2010年4月入社。倉庫業を通して、国内外の物流に携わり、医療機器、酒類、洋菓子、映像媒体、物流不動産の幅広い分野で現場・事務・営業経験を積んだ。この経験を活かし、全ての業界で関わる「文書」の取扱いに関して、お客様の文書保存への不安や問題をより良い方向に解決していくことを目指し、業界をリードすべく活動している。
第二部
電子契約と紙契約書の一元管理でDX化
大谷 恵太郎
株式会社インフォマート
デジタルコントラクト事業部 課長
大谷 恵太郎 氏
2007年(株)インフォマートに入社。長年にわたりBtoB電子商取引の普及に従事。約50万社が利用する「BtoBプラットフォーム」シリーズの普及に大きく貢献。現在は、契約書電子化の最前線を担うリーダーとして、日本全国413万社の契約書の電子化に向けて取り組んでいる。

開催概要

開催日時 2021年5月20日(木) 11:00〜12:00
共催企業 東神倉庫株式会社、株式会社インフォマート
参加費 無料(事前登録制)
定員 ウェビナー 40名
対象 BtoB企業の経営者様、法務・総務など管理部門責任者様
参加方法 本セミナーはZoomを使用し実施いたします。送付される視聴URLよりご参加ください。
※インターネット環境とPC版のWebブラウザ(Google Chrome・Firefox・Edge・IEなど)があれば、どこからでも受講いただけます。

お申し込み

受付は終了しました