PROBLEM

こんなお悩みはありませんか?

急な支払いで資金不足になった。すぐに借りたい...

取引先からの代金回収までの期間が長く資金繰りが大変...

書類作成や審査に時間をかけずに資金を集めたい...

保証人も担保も無いので、どこからも借りられないかも...

こんなお悩みはありませんか?

CONCEPT

請求書で素早く資金調達

電子請求書早払い
「電子請求書早払い」は、従来の金融機関からの調達に頼らず、インフォマートが運営するBtoBプラットフォーム請求書から資金調達ができる企業向けのファイナンスサービスです。リリース時期は2020年1月下旬を予定しています。

SERVICE

「電子請求書早払い」の
仕組みとは?

「電子請求書早払い」は、BtoBプラットフォーム請求書で発行した請求書(売掛金)を売却(ファクタリング)することで、一定の手数料を差し引いた金額を受け取ることができるサービスです。必要な時に必要な分だけ資金化できるため、事業拡大への投資や資金繰りの改善が可能になります。

FACTORING

ファクタリングとは?

ファクタリング(factoring)とは、企業が取引先に対して保有する売掛債権を買い取り、その債権の回収を行う金融サービスのことをいいます。日本の商習慣では「信用取引」が一般的です。つまり、商品やサービスを先に提供し、一定期間が過ぎた後に代金が支払われる構図になっています。 
「末締めの翌月末払い、末締めの翌々月末払い」といったものが多く、この期間が長くなればなるほど、「商品やサービスを提供したのに、代金を回収できていない」状態が続き、資金力のない中小企業などでは、黒字にも関わらず、資金繰りに苦しむことが多くあります。売掛金がすぐに現金化されないと、手元の運転資金が不足し、人件費や外注費などの支払いができず、信用を失ってしまいます。こういった状況を打開するために注目される金融サービスが「ファクタリング」なのです。

FEATURE

「電子請求書早払い」の特長

【手数料1%~】業界最安水準

【手数料1%~】
業界最安水準

入金は最短2営業日で可能

入金は最短2営業日で
可能

売掛先に知られず利用できる

売掛先に知られず
利用できる

上場企業のサービスなので安心

上場企業のサービス
なので安心

資金調達したい時だけ利用ができる

資金調達したい時だけ
利用ができる

全ての手続きがオンラインで完結

全ての手続きが
オンラインで完結

FAQ

よくあるご質問

1取引先(債務者)あたり3,000万円以下が1つの目安になります。それ以上でも対応できる可能性があるため、ご相談ください。
審査・契約に必要な書類手続きをオンラインで完了して頂いてから最短2営業日で指定口座へ振り込み可能です。
いいえ。3者間ファクタリングというスキームの場合は取引先へ買取した事業者の通知が必要となりますが、「電子請求書早払い」は2者間ファクタリングというスキームとなり、貴社の売掛先(取引先)に本サービスの利用を通知することはございません。
正式にはリリース時にお知らせいたしますが、請求書の買取時に差し引かせて頂く「買取手数料」と「振込手数料」を予定しています。
はい。利用可能です。銀行借入の審査の考え方が異なりますので本サービスでの審査に是非お申込み下さい。
「電子請求書早払い」は「銀行借入」と異なり「売掛債権の譲渡(資産の売却)」ですので、BS上の負債として出てきません。また、担保や保証人が不要です。
株式会社インフォマート
  • 東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
  • Fintech事業開発部
  • TEL:03-5408-9130
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
  • 東京都渋谷区道玄坂1-14-6 ヒューマックス渋谷ビル
  • イノベーション・パートナーズ本部 戦略事業統括部 企業間決済事業部
  • TEL:03-5784-3610