特集レポート「デジタル営業最前線」

はじめに

  • 近年、長らく続けられてきた企業の営業活動のあり方が大きく変化しており、大手企業においても、営業プロセスを根本的に変革することが求められている
  • 営業活動の変化は分業化とデジタル化という2つの潮流を背景に進んできた。両者によって、人的リソースの最適配分、営業の精度向上が図られ、実績も出始めており、今後もこの動きは加速することが予想される
  • 本レポートでは、過去から現在へ至るまでに営業プロセスがどのような変化を遂げたのかを明らかにしたうえで、それを支えるIT/サービスプロバイダーの特徴、ユーザー企業の導入事例などから今日のデジタル営業の実態を整理し、今後の展望を探る

資料の内容

【目次】
かつての営業と現代の営業
02-12
デジタル営業を支えるIT企業
13-17
デジタル営業の実践事例
18-20
営業デジタル化の今後の方向性
21-23
【図表】
営業デジタル化の主なツール一覧
10
外資ツール・日系ツールの分類表
14
主要プレイヤーの提供サービスの幅
15
▼ 詳細を読みたい方はこちらをクリック ▼

資料のポイント

営業活動の分業化

  • 個人単位でおこなわれていた営業が組織的におこなわれ、人的リソースが有効活用されるようになった
  • 今後の営業担当には、今まで以上に商談を成約させる力が求められる

営業デジタル化サービスの今後の展望

営業の最適化・提案力の底上げが、営業活動における今後の2大KFSになる
  • インサイドセールスの領域はデータ分析・AI技術によって効率化・高精度化・脱属人化が進む
  • 提案・商談の領域は、対面でのコミュニケーションが中心であるため、提案準備と商談力の重要性が高い

特集レポートについて

「特集レポート」とは、市場把握ツール 業界チャネルの人気コンテンツです。
特に伸びている・これから伸びるビジネスに注目して分析、その成功の鍵や今後の異業種連携・波及効果について解説し、今打つべき「打ち手」を導きます。
▼ 詳細を読みたい方はこちらをクリック ▼