特集レポート:「コロナ禍に注目されるBtoBフィンテック最新動向」無料公開中


新型コロナウイルスの感染拡大にともない世界的に経済が停滞する中で、中小企業を中心に資金繰りのひっ迫や与信への不安増大が課題となっています。このような状況下で、従来型金融サービスに加えて、新興型金融サービス(フィンテック)が注目を集めています。例えば、資金調達の方法としてはオンラインレンディングやファクタリングといった手法が注目を集め、与信不安に対しては売掛保証など未回収リスクをアウトソースする手法が注目を集めています。
本レポートでは、こうした新興型金融サービスを「BtoBフィンテック」と定義し、各々の主要プレイヤーについてまとめています。各種サービスの特徴を整理することで、今後のWithコロナ、Afterコロナの環境下での金融サービスの動向や、業界を理解する一助としてご活用ください。
※本レポートは、業界分析ツール「業界チャネル」の特集レポートというコンテンツの中から抜粋してご提供させていただいております。
コロナ禍に注目されるBtoBフィンテック最新動向

資料のポイント

コロナ禍で企業が抱える課題

  • 資金繰りの悪化と与信不安の拡大に対する対策

注目されるBtoBフィンテックサービス

  • BtoB向けフィンテック周辺サービスのカオスマップ
  • 各サービスのメリットとデメリット

主要プレイヤーの動向

Withコロナ・Afterコロナにおける展望

*は入力必須項目です。
※個人情報のお取り扱い方針についてはこちらを御覧ください。