特集レポート:「独自の進化を遂げる国内HR Tech市場」無料公開中


国内では、労働人口の減少の影響により企業の業務効率化や優秀な人材の確保が重要な課題となっています。このような状況の中、HR Techと呼ばれるクラウド等の最先端技術を活用した人事業務の効率化と質の向上を実現するサービスが近年注目されています。
海外では2000年代からHR Techが関心を集めていましたが、日本では慣習の違いや人事ソリューションへの関心の低さから海外発のサービスは浸透せず独自の進化を遂げています。特にHR Techの中でも採用や人事管理といった業務の効率化を目的としたサービスに加え、最近では雇用の流動化の背景もあり、エンゲージメントなどの新たな領域が注目を集めています。
本レポートでは日本でHR Techが注目されている背景や、主要プレイヤーのサービスについてまとめています。国内で独自の進化を遂げてきたHR Techの動向を理解する一助としてご活用ください。
※本レポートは、業界分析ツール「業界チャネル」の特集レポートというコンテンツの中から抜粋してご提供させていただいております。
コロナ禍に注目されるBtoBフィンテック最新動向

資料のポイント

HR Techの動向

  • 今注目されている理由
  • 海外で浸透しているサービスが日本で浸透しなかった理由

HR Techの注目サービス

  • 注目領域(採用・人事管理・エンゲージメント)の動向
  • 主要プレイヤーと注目のサービスについて

HR Techの今後の展望

*は入力必須項目です。
※個人情報のお取り扱い方針についてはこちらを御覧ください。